スポンサードリンク
   

08/02/17

消費者金融と闇金融の違いとは?

消費者金融と闇金融の違いが、消費者金融【レイク】のサイトにありましたので抜粋します。


消費者金融とは
貸金業法および出資法に則して営業をしています。消費者金融では、貸金業法にある内閣総理大臣または都道府県知事の登録を受けています。お客さま個人の「信用」を担保とし、金銭を直接融資するのが消費者金融の主な仕事です。


ヤミ金融
ヤミ金融(ヤミ金)は、非常に高い金利で貸し付けを行っています。消費者金融では、出資法で定められている上限金利の年利29.2%を超えてはいけません。ヤミ金融の場合、「トヨン(10日で4割、年1,460%)」や「トゴ(10日で5割、年1,825%)」といった金利が多く、中には年10,000%を超える利息を要求してきます。また、返済に関しても、一般の消費者金融やクレジット会社が1カ月に1回なのに対し、ヤミ金融の多くは1週間や10日に1回となっており、遅れた場合などは家や会社に押し掛けるなど激しい取り立てを行います。ヤミ金融は、貸金業法や出資法などを無視した違法業者です。深刻な社会問題にもなり、ヤミ金融対策法もできました。それに違反すれば罰則もあるのですが、違法な悪徳業者が後を断たないのが実状です。ヤミ金融に関わらないように注意しましょう。

---
消費者金融と闇金融の違い
消費者金融【レイク】のホームページより

ラベル:

07/05/17

違法広告の取り締まりは?闇金融広告

一向に減らない闇金融。前回の記事で、「グレーゾーン金利」の撤廃により、闇金融業者がよりリスクの低い顧客に対して営業できるような悪循環になったと言うことを書きました。利子は返済不能となるリスクの対価として徴収するものと言えます。29.2%もの利子をつけるということは、それだけリスクの高い(返済能力の低い)顧客に融資すると言うことでもあります。グレーゾーン金利の撤廃により、消費者金融業者は、高くても20%程度の利子しか取れなくなるため、これまで融資できていたリスクの高い顧客には融資できない状況となりました。その反面、以前は29.2%以上の利子を取ってよりリスクの高い顧客に融資していた闇金融業者が、リスク20%位の顧客に対して融資できるようになったと言うわけです。

ここで、闇金融業者の手法を少し見ていきましょう。少し古い記事ですが、Livedoorニュースの記事を以下に抜粋します。

---
「幸せのペンダント」「スロット100%攻略法」など、普通は一笑に付するような内容なのだが、考えたら引っかかる人がいて、儲かるから雑誌にお金を払って載せているのだろう。そして、さらに恐ろしい広告が挿入されているのが目に付く。いわゆる、「闇金融広告」である。 「1500万円まで金利0.9%」「1000万円2年間無利子。10%キャッシュバック」などの広告が堂々と踊る。日本銀行のいわゆるゼロ金利政策の解除から、住宅ローン金利は上がっている。3年固定で、優遇金利でも1.5%はするご時世に、聞いたこともないような消費者金融が上記の金利でやっていけるわけがない。しかし、堂々と雑誌の広告に踊っているのである。同じように、いまや「闇金融業者」はHPを作り、言葉では「闇」ではあるが、常に世間の目に触れるところで、堂々と営業活動をしているのである。 わたしは大変衝撃を受けた。明らかに違法な営業活動を行っているのに、どうして警察は取り締まらないのか。また、雑誌はお金さえ払えばどんな広告でも載せてもいいのか。大概、お年寄りや何もわからない人がだまされてどうしようもなくなった頃に、そのような会社は摘発されているが、それまで騙された人のお金はほとんど戻ってこない・・・
[引用] livedoorニュース

---

ラベル: